印象の良い面接について

学校入試の面接では欠席日数について聞かれることがあります。

学校の面接対策で聞かれること

印象の良い面接について 学校入試の面接では欠席日数について聞かれることがあります。今までどのような学校生活を行ってきたのか、そして学業をしっかりととらえてきたのかを知ることになるのが、欠席日数になります。あまりに休んでいる人は、どうして休んでいたのかを聞かれることになりますので、実際に困ることが多くあります。対策としては、これまでに休んでしまった分は変えることができませんので、今の時点から欠席しないことを目指すことが大切です。

そして、人によっては病気になりやすく体調を崩しやすいということもありますし、1年生の時に欠席が多くても3年生で無遅刻・無欠席になれば評価が上がってきます。昔から欠席癖があった人は、面接では進路を考えて心を入れ替えたというアピールをすることで、面接官の心象などが変わってきます。少しでも自分は変わっているという精神的なことを伝えることによって、評価も高くなりますし、また自分の心が大きく前進します。もちろん、基本は欠席が少ない方がいいわけなので、3年間を通して学校は休まないようにすることです。学校進学でも、特に実習が多い専門学校では、休むと授業についていけなくなってしまいますので、その辺も覚悟をして選ぶことです。

Copyright (C)2019印象の良い面接について.All rights reserved.